« 新バージョン初プレイ | トップページ | 当然野球 »

WBC日本代表、初戦はとりあえず快勝

昨日、WBCの練習試合でオーストラリアと戦い、8-2と快勝しました

優勝狙ってるので、いきなりつまずくようなことがなくて一安心です

 

昨日は仕事があってほとんど見れなかったので新聞等が頼りですが、そこでは犠牲フライが4本だとかでつないで取ったとか言ってます

ただ、バントはないみたいだし、盗塁もなさそう

犠牲フライも大事だけど、スモールベースボールにはバントや盗塁も大事です

スモールベースボールと言うのは、極端に言うとヒット以外でランナーを進めること、例えば日本シリーズ最終戦で西武がやったみたいなやつです

あの時は片岡の死球から、盗塁やら何やらでノーヒットで点を取りました

あれこそスモールベースボール

それをやるのに大事なのは、足と自己犠牲

盗塁で次の塁を奪ったり、エンドランで一気に駆け抜けたり、進塁を助けるために右方向のバッティングを心がけたり、バントしたり

もちろん犠牲フライも

王さんも星野さんもスモールベースボールを謳っていたけど、実際に点を取ってたのは福留の起死回生のホームランだったり、たまたま出た連打だったり

特に星野さんはかなり無策だったので、連打が出ないと全然点が入らず負け

ヒットが出てないのに、盗塁やエンドランなどの策を一切しなかっただからむしろ負けて当然とも言えます

データのない初物ばかりの国際試合では、実力差があっても連打はあまり期待できません

そんな時こと大事なのがヒット以外でもランナーを進めること

原さんはどうでしょうか?

 

ところで、昨日報道ステーションでやってたストライクゾーンについての特集は感銘しました

イチローはさすがとして、内川もすごい!

ストライクはストライク、ボールはボールの日本野球と違って、国際試合はボールもストライクと取られるから、内川のこの精神はすごく生きます

実際に昨日のヒットもボール球をしっかりと打ってるし

日本野球に慣れた選手達が、そんな国際試合でボール球を見送って三振を取られる光景はたくさん見ました

他の人たちも、内川を見習ってくさい球はせめてカットするようにしましょう

日本のレベルの高い審判がこういうところであだになるとはね

あと、ボールをとっとと国際球にしなさい

企業の権益?

知るかっつーねん

|

« 新バージョン初プレイ | トップページ | 当然野球 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC日本代表、初戦はとりあえず快勝:

« 新バージョン初プレイ | トップページ | 当然野球 »