« 証3! | トップページ | この一週間で見たアニメの感想 »

魏武デッキの立ち回り

初の太尉昇格を果たし、今も順調に証が増えてきている魏武デッキの立ち回りを低証のくせに生意気にも書こうかと思いますw

だってこんなデッキほかに見たことないしねw

まだまだ証は増えていく予定だしw、好きな魏武デッキの普及にもなればいいなと期待して執筆

 

まず、デッキのメンバーは、曹丕、ホウ徳、鄧艾、楽進、UC荀彧、軍師荀攸です

魏のがっかりカードの代表格である曹丕と鄧艾が同居しているという珍しいデッキw

魏武号令は武力上昇がたったの3しかないけど、他の号令と比べて圧倒的に効果時間が長い

だから普通にぶつかり合ったら負けるので、何とかその効果時間を生かした戦いをしたい

理想的なのは、やっぱり敵の号令を魏武だけで防ぎ、敵の効果時間が切れたときに反撃すること

でも魏武だけで防ぐのはかなり難しいので、敵の号令の受け流し方を考えなければならない

受け流し方で考えられるのが、さらなる計略を使うことと、城ダメを犠牲にすること

前者は攻めならいいけど、守りなら防いだあと攻めた時にもう一回号令されて攻めきれないし、むしろやられる

もちろん逃げられずに殲滅できるのならかまいません

攻めの時ならオッケーなのは、城にこもれば殴れるし、攻城を防ぎにくれば殲滅しやすいからです

後者は見極めが難しい

殴られすぎたら逆転が難しいし、戦いすぎたら部隊が減ってカウンターができなくなるかもしれない

私の場合は、守りは城を犠牲にしてます

部隊の生存を最優先にし、最悪殴られすぎてもいいやぐらいでやってます

ただ私は、引きこもるのが嫌いなのでたいてい自分から攻めているからこういう場面になるのはあまりないですね

攻めの時は出し惜しみをせず軍師を使い、爆発力のある敵ならクコ、それ以外なら隠密神速で殲滅をねらいます

隠密神速は強いですよ

騎馬が多いなら連環で止めて連突し、槍が多いなら増援で壁役や攻城役を生き存えさせて連突

効果時間が長いのでかなり暴れられます

 

では私の基本的な立ち回りを

開幕は攻めますw

引きこもるのは嫌いなのでw

曹丕はすぐ弓を打てるように、鄧艾はすぐ出てくるように最前列配置

荀彧は曹丕を突撃から守れるように近くに配置

残りの馬二人は後ろの方に弾丸突撃ができるように重ねて配置

たった二人だけどw

敵に高武力弓がいるときは弓をさらうために最前列にします

始まったら、伏兵解除を優先に、敵に応じて柵か攻城をねらいます

総武力的にムリっぽいけど、意外といけます

もちろん、ムリだと思うなら攻めない方がいいです

カウンターで士気なしで殴られたら今後がきつくなるしね

開幕戦ったあと、足並みをそろえた頃には士気が8ぐらいたまってると思います

士気12+軍師の爆発力がこっち以上なら攻め、そうじゃないなら士気12直前で攻めます

前者の時は魏武+軍師で攻め、戦闘中に士気がたまったら次の計略を使います

後者の時は士気12+軍師の攻めで殲滅しちゃいましょ

妨害やダメ計がいる時は魏武を早めに撃ってバラけましょう

どっちとも惜しみなく使って殴り、魏武が切れるまで攻め続けます

私は大体隠密神速を使います

敵陣を走り回って連突で殲滅しましょう

最後の守りは、魏武+クコで

自城付近のクコはかなり強いです

いつも大体こんな感じで勝ってます

 

続いてデッキダイヤを

あくまで個人的意見です

○騎馬単求心 5.5:4.5

連環で止めて隠密神速で連突

惇で鄧艾を雲散されるときつい

○クコ求心 6:4

曹丕の仕事ができる、伏兵が減る、妨害の範囲が狭くなるといいところだらけ

騎馬マウントしている時に、横から出てきてクコされるのは注意

○神速 4.5:5.5

連環使っても止まらないので、相手に攻めさせて場内を駆使して守ってからのカウンターじゃないときつい

○機略 4.5:5.5

機略後に荀彧に群がるような相手だといけるが、そうでないときつい

どっちにしろ機略見てクコを撃てるような状態にしておきたい

○大徳 5.5:4.5

速度上昇がないので、やりやすい

槍にさえ気をつけて、連環で止めて連突できれば有利

範囲が広くてクコが使いにくいのは難点

○忠義 6:4

武力上昇が少なく、槍よりも騎馬の武力の方が高いので連環で止めた時に倒しやすい

再起じゃないのもありがたい

○八卦 4:6

2体掛けで荀彧に向かってきてくれればいけるが、2度掛けされると手がつけられない

武力が上がっている部隊が少ないので、そいつらを集中的にねらって倒し、攻城役を減らすか、2度掛けをされないように攻めるしかない

○4枚八卦忠義 4.5:5.5

2体掛けがメインなので、5枚編成よりはやりやすいか

○がっちり手腕 4:6

弓が多いと連環が使えなく、がっちりで突撃のダメージも減るから殲滅しにくくきつい

○光嘉呉バラ 5.5:4.5

赤壁でホウ徳と楽進がやられないようにして、なおかつ孫堅に突撃をさせないようにすれば押し込める

○SHU呉バラ 4:6

孫策をうまく使われるとムリ

○孫武 4.5:5.5

がっちり手腕のような戦い方をされるときついが、孫武は基本的に撃たれないし、甘寧にしろ孫堅にしろ、太史慈じゃないだけマシ

○麻痺矢 5.5:4.5

麻痺矢と手腕を重ねられない限り大体勝てる

○呂布ワラ、シユウバラ 5.5:4.5

騎馬の単体速度上昇計略がメインのデッキで、他のとりまきは武力がほとんど上がらないので、突撃にさえ気をつけて、やばけりゃクコを使えばほぼ勝てる

突撃に気をつけるのが難しいんだけどねw

○決起 5.5:4.5

増援なら有利

再起なら微妙

相手の速度上昇系の使い方で左右するかな

下手ならほぼ勝てる

○集積漢決起 5.5:4.5

馬が一体な分やりやすいけど、こっちも相手の速度上昇系の使い方次第

○単体決起バラ 5:5

決起よりきつい

○苦楽などの多色ワラ系 6:4

こっちは長い間武力が上がっているので、ほとんどのデッキがおいしい

○弓連環系 5.5:4.5

こっちは先掛けで広がれて連環が怖くなく、相手は槍の武力が低いので大体勝てる

ただ黄忠はウザイ

○開幕乙 5.5:4.5

荀彧は逆サイドへ攻城

増援も使って落城されなければ勝てると思います

隠密神速が士気5ってのがきついけど

とりあえず1回も負けたことないです 

 

大体書いたかな~

なんか有利と思いこんでるデッキが多いなw

でも実際勝率6割ぐらいありますしね

全体強化がある弓多めのデッキと、騎馬の速度上昇がきついです

あと、人馬が苦手

最近人馬が見直されて、ちょくちょく出てくるので困ります

 

一品でくすぶっていた私が太尉になれたデッキだし、強デッキだと思っています

このデッキでさらなる高みを目指すぞ!

|

« 証3! | トップページ | この一週間で見たアニメの感想 »

三国志大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魏武デッキの立ち回り:

« 証3! | トップページ | この一週間で見たアニメの感想 »