« この2週間で見たアニメの感想 | トップページ | 囮兵ヤベェ »

星野ジャパンがまたも韓国に敗北

オリンピック野球決勝トーナメントで、星野ジャパンが予選に引き続き再び韓国に敗れ、金への夢はついえました

予選を4勝3敗で通過し、この結果

情けないの一言

韓国人がワイワイ騒いでる姿が目に浮かびます

 

試合内容を見ると、いつものように打線が沈黙し、さらに今回はいつも踏ん張ってた投手陣も打ち崩されて敗れた感じ

今まで貧打の中がんばってきて、防御率トップである投手陣を責める気は全くありません

もちろん岩瀬もです

岩瀬の実力や今までの実績はちゃんと知っています

でも予選からずっとピリッとせずにきて、調子がイマイチなのは明らか

そんな彼をこの大事な試合に再び出した采配が理解できん

復調を待ってる暇はないんだよ

そういうのは予選でやれ

そしてその予選で復調できなかったんだから、決勝で使うな

こんな状況なら上原をとっておく必要性もないし、他にもダルや田中、結果的に打たれたけど涌井など、たくさんいい投手がいた

全員待機してたのじゃなかったのかよ

スタッフ陣には短期決戦というものと、この試合の大事さを理解していたのかと問いつめたい気持ちです

 

そして問題の打者陣

このチーム打率と得点圏打率はホント情けない

こういう大会は相手投手が初モノで、連打が期待できないのは理解してます

でもこいつらは防御率トップの日本代表投手達を含めた、高い実力を持つ日本の多種多様な投手達を打ってきた人達

それを考えると決勝4チームの中で最下位の成績は情けないとしか言えない

まともなのが西岡と中嶋、あと一応打点は稼いでた新井と稲葉だけで、他はてんでダメ

ストライクゾーンが違う?審判によってストライクゾーンがバラバラ?

そんなのが言い訳になるわけない

韓国に習って国内でも国際ルールにしておくという手もあったし、何よりお前らの実力はその程度なのかと

そんな情けない打者陣に負けず劣らず情けないのが、ここでもやっぱりスタッフ陣

日本の特徴であり、世界に誇れるのは守備の堅さや小技など細かいプレーを使ったスモールベースボール

それには綿密な連係が超重要で、すなわちそれはチームプレー

いくら彼らが超一流の選手だといっても、あんな短期間の合宿でそれができるわけがない

そしてスモールベースボールを謳いながら、小技をほとんど使わず、無策の強攻策ばかり

今日の序盤はやっと使い出して、いい感じで点を取ったけどまともに使ったのはそこだけ

6回の先頭打者が出た時なんかも、新井の調子と青木の足、試合展開を考えたら、青木は盗塁を狙い、新井はバントさせるべきだったと思います

西岡、川崎、青木、荒木などがいたのに、盗塁をした印象がほとんどない

クイックが下手な投手が多いんだし、少なくとも予選はガンガン狙って試してみるべきだった

機動力も日本の野球の特徴の1つ

もう1つ悪いのが、ケガ人を選んだこと

ケガで満足な準備ができなかった村田が、しっかり打てるわけないだろ

川崎はがんばったけど

 

募る怒りもあってきつい言葉になってしまったけど、これが私のリアルな心境

全体を通して、采配が悪かったのは事実

そして準備不足だったのも明確

確実に金を狙うなら、もっと早くに代表を決め、もっと早くに合宿や対外試合を行っておくべきだった

これが野球の最後のオリンピックとはね

メジャーリーガーが参加してない現状では金に比べたら銀も銅も4位も価値のないモノだけど、上位陣に全敗という恥の上塗りを避けるためにも3位決定戦では絶対に勝ってほしいです

|

« この2週間で見たアニメの感想 | トップページ | 囮兵ヤベェ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星野ジャパンがまたも韓国に敗北:

« この2週間で見たアニメの感想 | トップページ | 囮兵ヤベェ »