« DVD-BOXの大攻勢 | トップページ | あけましておめでとうございます »

この1週間で見たアニメの感想

○この1週間(先週の金曜から木曜まで)で見たアニメの感想を

○ケロロ軍曹第190話

△「ギロロ プレゼント争奪戦!であります」

相変わらずギロロの妄想力はすごいw

色んなヴァイパーの飛田さんは笑うしかない

モアがいい味出してました

△「ケロロ 誕生日は心配性 であります」

ここでもギロロの妄想力が爆発w

ギロロの妄想の中でいつもラヴラヴな演技をさせられてる千和さん達は大変だと思いました

クルルの子安さんのふざけっぷりや、たまになるかっこいい声はたまりません

○かりん第15話「エルダ登場!で恥ずかしい」

おばあちゃんのエルダが登場

確かに似てるけど微妙に違うし、何より「髪の色が違う!」(by殿鬼)

でもウィナーの違いの見つけ方も納得w

付き合いの長い麻希が、果林じゃないってわからなかったのがちょっと残念でした

果林の妄想力も相変わらずすごいw

ギロロも果林も荻上並みw

杏樹って、本気を出したらすごく強そうだと思いました

○げんしけん2第11話「リアル・ハードコア」

コミフェス当日

一冊売れてほっとして、普通の会話をしてた時に荻上の中学時代の同級生が登場

そして昔の出来事を思い出して、精神的に苦しむ

そこに颯爽と現れたのがスー

2人を困らせてさっきのことなどきれいサッパリ忘れさせる

上手いぐあいに荒らしてくれますw

荻上の本は売れ残ったけど、一部の人達(てか身内)にはすごく気に入られているようでした

えっ、次回最終回?

まだ原作結構残ってるんですけど

○新世紀エヴァンゲリオン第拾四話「ゼーレ、魂の座」

零号機と初号機との相互互換実験中に、零号機が暴走

シンジを拒否したってことかな

零号機の中には誰が入ってるんだろ

エヴァの感想は見当はずれのこと書いちゃいそうでちょっと恐いです

前半はほぼ総集編

○同第拾伍話「嘘と沈黙」

シンジとゲンドウがユイの墓参りで少し話をして、ミサトと加持が付き合ってた頃のことを語る

この4人を少し掘り下げていく話

こういうことができてるアニメは、難しいけどおもしろい

○同第拾六話「死に至る病、そして」

久しぶりに使徒が登場

スパロボでも出てこないし、正直あんま目立ってる使徒とは言えないけど、なにげに結構強い

シンジが増長していたとはいえ、初めてであれを避けるのは厳しいでしょう

他の2人はシンジのおかげで助かったと言える

どうしようもない状況だったけど、最後はユイが暴れて無事?撃破

この話は絵コンテがトップクラスに良かったです

○同第拾七話「四人目の適格者」

シンジはトウジに変わったと言われて驚いてたけど、めっちゃ変わったから

変わりすぎてもう別人?

そんなトウジはフォースチルドレンになれと言われる

何も知らないシンジ

そして事件が起こる

この話は前の話の絵コンテが良かったせいで、すごく悪く感じました

○機動戦士ガンダム00第12話「教義の果てに」

アザディスタンの保守派代表が何者かに拉致され、内戦の危機に

ってか犯人は藤原さん

あいつ傭兵だし、誰かに依頼されたのかな

刹那は昔のクルジスでの戦争をガンダムが解決(?)して、そんなガンダム(戦争を解決するorできる人)になりたがっているのかなと思いました

最後のセリフはそうできなかった自分に絶望して出た言葉でしょうか

グラハムの「MSの性能の差が、戦力の決定的差でないことを、教えてやる!」(byシャア)や「あえて言おう、カスであると!」(byギレン)などのファーストの名台詞をもじったセリフはどうなんでしょう

ファースト好きはどう受け取ってるのか気になります

とりあえず私は、名台詞が出たことの歓迎やグラハムが名台詞を使ったことへの怒りよりは、こいつに使わしたスタッフに笑いました

ま、どっちかというと歓迎かな

使われるのはうれしいです

それにしてもロックオンとグラハムとの戦闘中のセリフはおもしろかった

2人ともセリフが芝居がかってるしw

|

« DVD-BOXの大攻勢 | トップページ | あけましておめでとうございます »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この1週間で見たアニメの感想:

« DVD-BOXの大攻勢 | トップページ | あけましておめでとうございます »