« 舞-乙HiME Zwei第3話「縞の舞/乙女の迷宮」① | トップページ | OGS日記その5 »

舞-乙HiME Zwei第3話「縞の舞/乙女の迷宮」②

○サービスシーンたっぷりの温泉から一転、ナオとニナが向かった遺跡はアルタイだから当然のごとく寒く、2人は防寒具を着ていたから色気も何もなし

仕方がないけど

ナギとセルゲイがかつてこの遺跡に来たことがあり、その際のことがセルゲイの日記に書いてあってその情報が欲しかったんだけど、ニナはその日記を渡したくなく、だから一緒に行くことになったようです

そんなニナですが、大分なまっているようでドジを連発

落とし穴に引っかかって気絶してしまい、その間にナオに日記を読まれたりと完全に足手まとい

ナオが結構生命力(?)高いから余計にそう感じちゃいます

ナオはたくましいなw

日記の中にはドラマCDのネタがありました

○会議はいったん休憩でナツキがヨーコ達と連絡を取る

石になってしまった人達を集めて色々調べているようです

ミドリとラドはどっかに言ってて、連絡はまだ

ガルが言ったセリフをがんばって聞いてみたら「ブラックバレーファインドのジャニーね」って言ったように聞こえました

「ブラックバレーファインド」は黒い谷を発見した場所かな

「ジャニー」って何?

聞き間違い?

○サロゲートシステムのコアはムリして残り4本だとか

五柱はあと4回しかマテリアライズできないってこと?

1人4回なわけないよね

あと1回ずつか~

かなり厳しいですね

○記憶が無くなってもヘタレはヘタレとか、日記の中には昔のセルゲイがいるとか、途中色々あったけど探検は進んで最後の扉に

その扉の奥にはなんと、風華学園水晶宮と謎の繭らしきものが

風華学園水晶宮といえば、ひも(布?)に好きな人の名前を書いて結ぶところ

まさか風華学園の施設が出てくるとは

この後どうゆう展開をするのか想像もつかん

そういえばTV版の最後らへんでミユが潜ったところはどんなんだったかな

今度確認してみよ

扉を開いたら謎の真祖様が気付いて、そこに向かって飛び立ちました

○扉の奥には他にも書物がたくさんあったけど、金目のものが見あたらないことにナオが悪態をついていました

それがナオw

そこでニナがある本を発見

そのタイトルはワダツミの書

聞いたことあるような、ないような

○そこに門番と謎の真祖様が登場

ナオはお宝を手に入れてないのに逃げられるかと、サロゲートシステムによる認証を求め、「マテリアライズ!」

おお~!初単独マテリアライズ

ゲームの変なCGじゃなくていいですね~

うん、かっこいい

○ところで3巻についてた設定資料に謎の真祖様の名前が書いてありました

その名もユナ

まだ謎だらけどころか謎しかないのにこんなところで言っちゃっていいの?

まあ、謎の真祖様って長いし言いにくいし、真祖様のかっこしてるけど多分関係ないしね

早速次からユナでいきますのでそこんところよろしく

○本格的に闘い出す前に、ユナが繭を活性化(?)させて各国に2話に出てきたようなさなぎ(?)を出現させました

その各国の映像の中に凱旋門のようなものが

きっとフロリンスだな

もちろんアルタイにも現れました

温泉施設が・・・

○今回はとりあえず闘い出す前まで

この後闘いになります

ではまた

|

« 舞-乙HiME Zwei第3話「縞の舞/乙女の迷宮」① | トップページ | OGS日記その5 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞-乙HiME Zwei第3話「縞の舞/乙女の迷宮」②:

« 舞-乙HiME Zwei第3話「縞の舞/乙女の迷宮」① | トップページ | OGS日記その5 »