« 天下統一大会 夏の陣!? | トップページ | 三国志大戦2群雄伝制覇への道第7章 »

舞-乙HiME Zwei第3話「縞の舞/乙女の迷宮」③

○戦闘に突入

2対1だったけど、門番をナオが圧倒

やるね~、ナオ

五柱の名は伊達じゃない!って感じ

その門番を倒したら変身前みたいな状態になって、それがユナのもとに飛んでいき、さらに剣になりました

一体それは何やねん

剣になった時だったかに繭の中で目みたいのが開きました

お前ら一体何やねん

○ニナが「させない!」とか言いながら飛び込んだけどユナはいったん空中へ逃げ、ナオがそれを追いかけると、繭の陰から出てきたぐらいに石化光線を発射

ナオは不意をつかれ避けれず直撃

石化していくナオ

ナオーーー!

ナオまでやられるなんて

ニナも悲鳴をあげる

ユナがそのニナもやろうとしたら、ユナの鎌にナオの糸がついていて邪魔をし、さらにそれの先は遺跡の柱につけてあってユナが無理矢理引きちぎったら柱が壊れ、遺跡が崩壊し始める

さすがナオ

ただじゃやられませんね

遺跡が崩壊していく中、ニナは本と共に謎の力でどこかへ飛ばされ、その後完全に崩壊したように見えました

○そのころマシロとリボンちゃんは釣りをしていて、マシロの竿に何かがかかりました

大物だったから力を込めて、「ファイトー!いっぱーつ!!」

おいおい

そしたらゴゴゴと大地が揺れ、湖から建物が出てきました

それはなんと風華学園水晶宮

さっき崩壊しなかったっけ?

別?

てか何でここから?

さらに2人が恐る恐る中に入っていくと、そこにはニナと本が

繭は多分なかったです

もう何がなんだか

○本編はここで終了

予告は、もう最後だからと皆好き勝手に希望を言ってました

アリカ:変形合体します!

何とやねん

マシロ:ついに世界が妾の前にひれ伏す

それを望んでいたのかよ

ニナ:お父様とラブシーンが

・・・

ミコト:ミロク軍団の登場だ!

ミロク?HiMEの時の最後の棍棒みたいの持ってるやつ?

舞衣:勝利の鍵は特製ラーメンよ!

どんな希望?

リボンちゃん:(リボンちゃんの声で)あのっ、私はっ!(エルスの声で、切実に)生き残りたいです

一同:あー

ホント最後までおもしろいです

○さて、3話が終わり、残すところあと1話となったわけですが、これって終われるの?

ユナは依然謎のみ

水晶宮が出てきちゃった

ワダツミの書って何?

ま、ユナはともかく、水晶宮は謎のまま終わっちゃいそうですけど

終われるのかって心配もあるけど、終わってしまうのかという寂しさもあります

彼女たちと会えなくなってしまうのはとても悲しいです

だけど、星の数ほど人がいて、星の数ほど出会いがあり、そして別れがある訳なので、悲しんでばかりいずに、彼女たちの最後の輝きを楽しみにしたいと思います

ってかあと2週間じゃん!

やっぱ普通に楽しみです

|

« 天下統一大会 夏の陣!? | トップページ | 三国志大戦2群雄伝制覇への道第7章 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞-乙HiME Zwei第3話「縞の舞/乙女の迷宮」③:

« 天下統一大会 夏の陣!? | トップページ | 三国志大戦2群雄伝制覇への道第7章 »