« 全国大会 覇業への道~若獅子の覚醒~が終了 | トップページ | 舞-乙HiME Zwei第3話「縞の舞/乙女の迷宮」① »

三国志大戦2群雄伝制覇への道第6章

○土曜に大会を見てテンションを上げ、日曜に行ってきました

やったのは上級戦器と関係ない群雄伝ですが

周りには上級戦器争奪戦をしている人が何人かいて、いいな~と思いながら見てました

ま、万全の状態にして全国対戦をやるために群雄伝で兵法とかを集めているしな

今はしゃあないな

○で、その群雄伝ですが、今回は馬超伝と呉後伝をとりあえずクリアしちゃって、あと蜀後伝もやりました

馬超伝は67,6%で、馬騰や劉備など持ってないカードが何枚かあるのでいったん終了

カードが入って、他の伝が一段落した時にまたやります

○呉後伝は現在71.6%

持ってないカードはSR凌統と李異と諸葛格ぐらいなのでもうちょっとできます

次回でできる分は終わりそうなので、その後は魏伝の難と魏後伝を難易度と相談しながらやっていく予定です

張悌と沈瑩のやり取りはマジ感動

泣きそうになりました

ぶっちゃけ、家だったら泣いてたな

○蜀後伝は現在41.4%

やり始めたばかりなのでまだまだできます

SR魏延もいいな~

丞相に信じてもらおうと必死にがんばっているところがいいですね

劉備は漢中の太守に魏延を抜擢するぐらい信頼していたけど、諸葛亮と合わず、謀反を起こす気がなかったのに楊儀に謀殺されて、演義では謀反を起こしたことになってるし、無双ではまともにしゃべれない野生児で謀反を起こすステージがあるなど、可哀想なやつだなと思ってました

実際に落ち度がなかったのかといわれるとそんなことないかもしれないけど、この魏延は落ち度は全くないように見えるし、それで処刑されているのは悲しくなります

まあ、子午道を通っての長安奇襲作戦は採用できないですけど

こういう電撃戦は魏の得意とするところだから、兵や有能な将の数と物資で劣っている蜀が同じ土俵で闘ったら負けてしまうのは見えてますね

だからこそ諸葛亮は火力でじわじわと押していくような戦い方を選び、それ自体は正しくてそういう軍を作り上げた諸葛亮は素晴らしいと思うけど、これをやっていくには十分な兵糧が必要でそれを怠ったせいで最終的には負けてしまったんだな

街亭を失ったのも痛かったな

羌維は・・・

○これで全部あわせて82%

20%切っちゃったよ

ひろいものは宝玉4個に戦器1個に金2回で5割いかずorz

こっちの方が重要なのに

カードはSRなしのR2枚で全て既出

orz

最近持ってないカード全く出ないな~

それでもいいから宝玉は出てください

|

« 全国大会 覇業への道~若獅子の覚醒~が終了 | トップページ | 舞-乙HiME Zwei第3話「縞の舞/乙女の迷宮」① »

三国志大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国志大戦2群雄伝制覇への道第6章:

« 全国大会 覇業への道~若獅子の覚醒~が終了 | トップページ | 舞-乙HiME Zwei第3話「縞の舞/乙女の迷宮」① »