« バンプレストの年間イメージキャラクターが中川翔子さんに決定 | トップページ | スパロボWに備えて »

ナンだ!?最強ドラフト王決定戦後編

○後編では前編で決まった野手の、2チームだけできる強制トレードと投手のドラフトをやっていました

○まずはトレードですが、これは各チーム暴露話をして、その痛さの大きさを南原達3人の司会が判定して、上位2チームが強制トレードをできるというものです

判定基準が微妙だったり個人の感情が結構入ってたんですけど、結局小宮山が1位で、上原に抽選でとられたイチローと青木をトレード、そして上原が2位で、宮本の松中と新井をトレードしました

青木と新井がちょっとかわいそうだと思いました

○ついに投手のドラフト

1位指名は、宮本が先発で黒田、上原が抑えで黒田、小宮山が先発で松坂でした

宮本と上原の1位指名はなんと黒田

でも黒田は、一般的には松坂や川上などと比べると有名ではありませんが、防御率1.85で斉藤に次いで抜群の安定感を誇る投手で、打線に恵まれず13勝しかできませんでしたが、FA騒動もあり、野球好きにとっては有名です

私は、松坂、斉藤、川上、黒田の4投手は力の差はほとんど無いと思います

皆すばらしい投手で、誰をとっても失敗ではありません

上原は抑えでの指名だったんですけどね

1位で抑えを指名するなら、防御率0.68の化け物の藤川を指名した方がいいような・・・

宮本ははずれ1位でその藤川を指名しました

○2位指名は、宮本が先発で斉藤、上原も先発で斉藤、小宮山が抑えで岩瀬でした

またもや宮本と上原が競合

そしてまたもや上原が交渉権を獲得

こんなところで運使って・・・、シーズン大丈夫かよ

小宮山はまた単独指名

本当は藤川がよかったって言ってましたけど、私も藤川の代わりの筆頭は岩瀬だと思います

正しい選択です

宮本ははずれ2位で上原を指名

確かに国際試合無敗はすごいけど、最近の成績を見るといまいち

まあ、今年はWBCのせいでムリな調整を強いられるなんてことはないから、万全の状態で挑めると思うので、どれぐらいの成績を残すか楽しみですね

○3位指名は、宮本が中継ぎで石井弘寿、上原が中継ぎでダルビッシュ、小宮山が中継ぎで新垣でした

石井はWBCのアジア予選で李にホームランを打たれる前からすでにケガをしていて、そのケガで今シーズンはほとんど試合に出ませんでしたが、もともとはいい投手だし、ケガが治ればここで選ばれるぐらいの活躍をしてくれると思います

ダルビッシュは終盤大舞台ですばらしい投球をしました

日本シリーズだったか、中継ぎで出ていい投球をしたし、大舞台に強いからピンチで出ても動じない精神を持っていそうだし、もしかしたら中継ぎに結構向いているかもしれません

新垣はソフトバンクの10勝トリオの1人で、防御率3.01とすばらしい投手ですが、先発と中継ぎは勝手が違うので、中継ぎに使っても同じように活躍してくれるかはやってみないとわかりません

あれっ!?、川上がいない

○これで指名は終了

宮本ゴールデングラブスのメンバーは

1番ショート西岡、2番センター田口、3番レフト岩村、4番キャッチャー城島、5番サード小久保、6番ライト高橋、7番ファースト新井、8番セカンド荒木で、投手が、先発上原、中継ぎ石井、抑え藤川

上原スイーツのメンバーは

1番センター青木、2番セカンド井口、3番サード小笠原、4番ファースト松中、5番ライト福留、6番レフト松井稼頭央、7番キャッチャー阿部、8番ショート宮本で、投手が、先発斉藤、中継ぎダルビッシュ、抑え黒田

小宮山ダーツのメンバーは

1番センターイチロー、2番セカンド今岡、3番レフト金本、4番ライト松井秀喜、5番サード村田、6番ファースト福浦、7番キャッチャー里崎、8番ショート井端で、投手が、先発松坂、中継ぎ新垣、抑え岩瀬

でした

○宮本のチームは、

メジャーリーガーが3人いるのがひかりますね

その中で、若くて将来有望な選手がいるのもポイントだと思います

ただ、ケガで今シーズンあまりよくなかった選手が多いのが気になります

彼らがしっかり活躍してくれれば強いですが・・・

今シーズンの結果を見ると、このチームが最下位なのは納得でしょうか

○上原のチームは、

イチローが抜けてしまったのが痛いですけど、それでも強いです

特にクリーンナップが恐ろしいです

打率も打点も高いし、塁に出ればかなりの高確率でかえしてくれそうです

ポイントは松中と稼頭央でしょうか

松中は最近アベレージヒッターになっているし、打率に比べて打点が低い

チャンスに弱いのは痛いです

稼頭央は全盛期はすばらしい選手でしたけど、メジャーに行ったぐらいからさっぱりです

終盤いい動きを見せだしていたので、復活に期待です

投手は全員先発だから長期戦に強そうですね

○小宮山のチームは、

イチローを獲得したおかげで大分強くなりました

1番イチロー、4番松井はかなり見てみたいです

私的に2番福浦で6番今岡かなぁ

福浦の方が足早いと思うし、今岡はチャンスに強いからクリーンナップがかえしそこなったランナーをかえしてくれるでしょう

でも今岡と松井は今シーズンケガで全然活躍できなかったし、福浦も終盤ケガをしました

来シーズンは復活して見事な活躍をしてくれることを期待します

投手のバランスは1番だと思います

○で、投票の結果、上原のチームが1番でした

私は・・・、上原か小宮山か迷いますね~

今は小宮山ですけど、その時の気分によって変わってしまうぐらい僅差だと思います

○これらのメンバーを星野監督に見せに行ってました

オリンピックではメジャーの選手でられないみたいですね

とても残念です

○ナンだ!?はいつもおもしろいけど、この回は特におもしろかったです

次回は古田と山本昌が出て、古田が昌の球の遅さをほめまくるようです

次もおもしろそうですね

ホント、DVD化してほしいな

|

« バンプレストの年間イメージキャラクターが中川翔子さんに決定 | トップページ | スパロボWに備えて »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンだ!?最強ドラフト王決定戦後編:

» 日本代表者の上達法 [ダーツな生き方〜初心者からのダーツ@ライフ〜]
ダーツサイトをネットサーフィンしてたらダーツ日本代表である草薙彬人さんの上達法を見つけました!まだまだ初心者ですが目指せCUアップ!! [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 00時49分

» 桑田のデビューは“ドラマチック”=米紙 [スーパーサイヤ人]
米大リーグ、パイレーツの桑田真澄が4日(現地時間)、レッズとのオープン戦で1イニングを無失点に抑える好投を見せたが、38歳の“オールドルーキー”の初登板は地元紙でも大きく取り上げられた。 ピッツバーグ地元紙『ピッツバーグ・ポストガゼット』は5日、レッズの中軸打線を完ぺきに抑えた桑田について、ドラマチックなデビューだったと振り返った。この試合の桑田は3回から2番手として登板。先頭のババ・クロスビーを打ち取っ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 21時06分

» 【MLB】松井稼頭央は2戦連続で音なし、不振の井口は出場せず [浅田真央、安藤美姫、松坂大輔スポーツ応援するぞ!]
ポーツ応援するぞ! [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 12時44分

« バンプレストの年間イメージキャラクターが中川翔子さんに決定 | トップページ | スパロボWに備えて »