« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

ヒュッケバイン問題

○ヒュッケバイン問題というのがあるそうです

私はこれを、ネット上でOGS延期の理由として考えられることとして挙げられているのを見て初めて知りました

これのせいか、今あらゆる所からヒュッケバインが消えているそうで、OGSでもヒュッケが使えなくて延期したとか

OVAでヒュッケが出てこなかったのも関係あるんでしょうかね

○発端は、誰かがヒュッケバインをブリッツガンダムに似ていると抗議したことらしいです

スパロボと種を知っている人なら誰でもわかる、完全な言いがかりですね

ブリッツの方が全然新しいじゃん

言うならば、ヒュッケがブリッツに似ているんじゃなくて、ブリッツがヒュッケに似ているってことですよね

パクリはブリッツ

て言うか、私は似てないと思うんですけど

○もちろんこれだけの理由で延期した訳じゃないだろうし、そもそも私もネット上で誰かが話していたのを見ただけで、真意のほどはわからないんですけど、こんなくだらない話でバンプレストが何かしらの被害を受けたなら、バンプレストにとってもスパロボを愛する私たちにとっても迷惑な話ですよね

○話が少し変わるんですが、1月にAT-XでOG特集をやるそうです

その中でOGSのPVを流すそうで、あれをTVで見られるということで、今からとても楽しみです

もち録画します

これで見たい放題になりますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔やったスパロボ スパーロボット大戦F・F完結編

○スパロボ15周年だし、新しいスパロボも出ないので、ちょっと過去を振り返ってみようかと思います

まずは、初めてやったスパロボであるF・F完結編の感想を

○当時はぶっちゃけると全然作品のことを知りませんでした

ガンダム、マジンガー、ゲッター、エヴァを何となく知っているぐらい

今思えば何でスパロボしたんだろ?

○初めてやったせいか、昔のスパロボだからか、めっちゃ苦労した記憶があります

敵がほんと強い

ポセイダルとかゲストのお偉いさんとかは極悪

シロッコの乗ったヴァルシオンなんて反則

必中なしで当てられるやつは多分いないぐらい回避が高いからです

○今やるといい具合に敵が強くて楽しいかもしれませんけど、戦闘シーンをカットできないうえにロードも遅いからさすがにやる気にはなれませんね

それにF以来、エルガイムに恐怖心がw

まあでも、今のクオリティで一回闘ってみたいですね

イデオンは再登場したんだし

| | コメント (0) | トラックバック (1)

仲間が増えた麦わら海賊団

○今週のジャンプのワンピースで、ウソップが戻り、フランキーが加わり、船が新しくなった麦わら海賊団がまた新たな冒険に出発しました

フランキーは仲間になるだろうなぁと思っていたので、やっぱりなといった感じです

ウソップも戻ったし、船もより強固になったからこれからの冒険は楽しみです

○前述したとおり、フランキーは仲間になると思っていましたが、アニメのことを考えるともしかして仲間にならないかもとも思っていました

それは、フランキーの声優が矢尾さんだからです

○ワンピースは単行本がたくさん出ていることからわかるように、登場人物が多いです

それで、アニメ版では同じ声優に別のキャラクターを演じてもらっている例がたくさんあります

そんな声優さんはだいたい決まっていて、矢尾さんもその1人です

矢尾さんのフランキーはとても似合っていて、まさに適任ですけど、ジャンゴやボン・クレーも矢尾さん以外考えられません

出会った時やっぱりそれぞれ演じることになるんでしょうかね

○一番の問題は、もう矢尾さんが他のキャラクターを演じることがなくなってしまうかもしれないことです

これだけ矢尾さんが似合っているキャラクターが出てきているから、今後も出てくる可能性は高いと思います

○ここでいうキャラクターとはもちろん人間のことですよ

動物じゃないです

動物を演じる機会は増えそうですねw

○話を戻しますが、もしそんなキャラクターが出てきたら、やっぱり矢尾さんに演じてもらいたいです

でも、今まで海賊団のメンバーが他の登場人物を演じたことは多分無いと思います

これは当然のことで、むしろ主要メンバーなのに他の登場人物を演じたシャーマンキングなどの方が変だと思っています

演じてもらいたいけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ三國志10に・・・

○飽きてきました

10の戦では、統率が超重要で武力はあまり必要ないから曹操や周喩なんか強すぎです

それに9ではそこまで強い武将じゃないけどいい兵法覚えてて、敵にまわすとやっかいだったり、数で攻めれば敵が勝ったりもしたけど、10では部隊の強さが何より大事で、戦を重ねるにつれてこっちの部隊は虎豹騎や元ジュウド兵になったりしてどんどん強くなっていくのに、敵は最初から最後までいい部隊はほとんどいないから全然相手にならなかったりと、歯ごたえが全然ありません

○城をめぐる闘いは結構おもしろく、好きなんですけど、いかんせん敵が弱すぎです

攻められる時なんて、城の上に井ランを並べて矢を打ちまくればこっちの被害なしで勝つことも可能だし

元ジュウだとなお余裕

○OGSがいつ出るかわからないのに、飽きてきてしまったなんて

GジェネPはまだ全然飽きないけど、さすがにそれだけやるわけにはいかないし

パワプロ13がいつも通りおもしろかったら問題なかったのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OGD第二話

○昨日はOGD第二話、「目覚める念」を見ました

前回、超ピンチで終わったリュウセイ

どう切り抜けるかと思いきや、なんと、カイが援軍に来ました

まあそれはいいとして、戦闘シーンはちょっとしょぼいですね

作画も微妙だし

アニメのクオリティとしては悪い方だと思いました

○パイロットが未登録のタイプTTを見てカイが、

「おまえは誰だ」

ごめんなさい、あなたの声の人は誰ですか?

使いたいキャラクターが多すぎるOGで、使うか使わないかぎりぎりの位置にいるキャラクターにとって、声優が誰かは私には重要なポイントです

ごめんねカイ

だって、使いたいのが多すぎるんだもん

○倒したと思っていたメギロートが起きあがる

調子に乗ってゲシュで殴りまくって腕がもげてしまったリュウセイ

メギロートはサークルレーザーを打とうと構える

リュウセイピンチ

「何か武器は!?」「あとは、アーマーシュナイダー?これだけかっ!」

その時、T-Linkリッパーが炸裂!

みごと、メギロートを倒すことができました

OG1をやったのが大分前だったんで忘れてましたけど、そういえばあの時T-Linkリッパーありましたね

○何とか倒したあと、

自分や友人のピンチ→機体を与えて適正を試す→自分や友人を守るために闘って敵を撃破する→機密に触れたから拘束して軍に入らせる

という、逃れることが不可能の最強コンボでリュウセイは軍に入ることになりました

イングラムの見事な手並みですね

○アヤと握手する時はショックでした

なぜならば!「私も言ったの初めて」がカットされてしまったからです

おもしろいところなのに・・・

たった一言じゃん、それぐらい言わせても問題ないでしょ

○今回の新作カットでよかったところは、やっぱりイングラムとケンゾウが話してたところですね

イングラムの資料にマイとユキコとアタッドが載ってたのはよかったです

念のため検査してみたらクスハにも適正があったとか

抜け目がない奴らですねw

逃げるリョウトもよかったです

○来週はライが登場

タイミングが違いますけど楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GジェネP③

○久しぶりにGジェネP日記を書きます

○前確かターンAをやっているって言いましたけど、あれからかなり経っているので当然のごとく終わりました

その後、W、Gガン、スターダストも終わって、今は残りの作品を進めながら新しく入ったキャラクターを育てています

○Wはビルゴがうっとうしかったです

当たってもプラネイトDのせいでクリティカルのハロポイントボーナスがもらえないからハロポイント上げにくいし、MDの性能が異様に高いうえにこっちが使っているのは成長途中のまだ弱いやつばかりだからあまり避けられないし

Wのキャラクター達の能力も弱めに設定されてるから、死にそうになったりしました

○Gガンはオリジナル軍の出番ほとんど無し

シャッフルのメンバーだけ中をどんどん進んでいって、自軍は外の掃除

外には足手まといがたくさんいてちょっと邪魔でした

最終話としてはトップクラスに楽な面です

○スターダストは最近DVDを見たおかげで結構覚えてて、省略されてても内容がよくわかり、また楽しめました

やっぱガトーはかっこいいです

セリフ一つ一つが渋く、かっこよく、「私は帰ってきたー!!」とかはやっぱり名台詞ですね

ステージ自体はそんなにきつくないのですが、ターン制限のせいで急がされてしまいました

○基本的に50まで育てたら次のにチェンジしているんですけど、使いたい順(ほぼ強い順)でやっているので、今まで使っていた強いやつがいきなりレベル1の弱いやつに変わるのはちょっときついですね

当てれないはともかく避けれないのは困ります

テンション上げれないし

○図鑑は今88%

もう戦艦とムービーぐらいしか増やせるものがない状況です

どんどんステージを進めろってことですね

早くマスター使いたいなぁ

OGSも延期したし、じっくりやりますか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OGD第一話

○見てからちょっと日が経ちましたけど、OGDの第一話を見た感想を

○前に「アニメ化されたら内容が省略される」って言いましたけど、OGDの第一話もまさにそれで、ドラマCDと比べると省略されていました

不満といえば不満ですけど、そのかわりか新しい話がありました

アバンでアストラナガンとディスアスが闘ったり、ユーゼスみたいな仮面をつけたやつが出てきたり、決勝でテンザンと闘ったり

○イングラム対クヴォレーですけど、まさかクヴォレーが出てくるとは

なんか設定がサルファとは違ってますけど、ゲームのOGではでられない確率が非常に高いから、こっちで出られてよかったですね

まあ、私はイングラムやアストラナガンの方が好きなんですけど

○テンザン対リュウセイは、圧倒的でしたね

あれだけ見てたら、リュウセイはよく決勝まで来れたなって感じがしたんですけど、テンザンが強すぎで、他はあのリュウセイよりも下手だとしたら、かなりレベルの低い大会な気がしました

それにしても、砲撃戦タイプがミサイルを使う必要もなく勝っちゃうとは

リュウセイは情けないです

ミサイル好きの私としては、リュウセイがもっと強くてテンザンの放ったミサイルを避けまくったけど、何発か避けきれなかったなぐらいがんばって欲しかったです

リュウセイが負けてしまったのは、う~ん・・・、どっちがよかったかはわかりませんね

○リュウセイの代わりにメギロートがミサイルを避けまくってくれました

避けまくって、最終的には謎のバルカンのようなもので打ち落としました

やっぱ空中でミサイルを避けまくるのはいいですね

板野サーカスはサイコーです

○ゲシュに乗ったリュウセイがメギロートを一体倒したんですけど、ドラマCDと比べると何かしょぼかったです

必死になって倒したって感じで、これはこれで悪くはなかったですけど

ドラマCDでは、謎のコンボを決めてかっこよく倒してました

○その後、数体のメギロートに囲まれるリュウセイ

ドラマCDで一体しか出てこなかったのが変でした

いっぱい出てくるのは当然だと思いますけど、リュウセイドラマCDより弱いのに、たくさん敵がいるなんて、かなりピンチですねw

このピンチをどう切り抜けるか

次回が楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OGS延期

○ちょっと日があいてしまいました

その間に、恐れていたことが起きました

OGSの発売日の延期

新しい発売日はまだ明らかではないようです

○公式ブログで寺田Pが謝罪文を出していました

それによると、「諸々の不測の事態や事故が相次ぎ、今年の夏から冬にかけて私を含む企画サイドの開発進行を一時的に中断せざるを得なくなった」で、「OGの開発チーム一同もこれまで遅れを取り戻すべく努力して参りましたが、現状では一定のクオリティを維持しつつ商品を来年1月に発売するのは不可能だと判断し、発売延期」になったそうです(「」内は原文のコピー)

○やっぱ延期か・・・

アマゾンでは発売日が2月と出ていますけど、公式サイトでは未定となっているので、2月かどうかはわかりません

MXの時みたいに、延期になった分クオリティが高くなったりすれば別にいいかなと思いますけど、今回の延期の理由を見ると、作業ができなかったから遅れたというものなので、クオリティが高くなるようなことはなさそうな気がしてます

○一体いつまで待てばいいのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OGS延期?

○本日2回目

○OGS発売延期の噂が流れているようです

話しでは、公式サイトで1時間ほど「2007年発売予定」と書いてあって、今は消えているそうです

○発売1ヶ月前なのに、ゲーム雑誌に情報が全く載らないことや寺田Pのプロデューサー生命の危機発言などから考えると、あり得そうで怖い

こりゃやっぱ更迭か?

杞憂であってくれ

○発売が遅れるなら別のゲームをやるだけなんですけど、せめてまだあかしてない情報を今までみたいに小出しでいいから出してほしいです

シャインの声優さんは特に知りたい

あとやっぱプロモ第2弾ですね

せめて公式サイトで、できればバンダイチャンネルで見られるようにしてほしいです

あれを好きなだけ見られるようになれば、しばらく我慢できます

○マジで頼みますよ、寺田さ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ちに待った日

○いよいよ今日は、スカパー!でスーパロボット大戦OGディバインウォーズが放送されます!

OGのアニメ化を知って喜んだのに、私の県では放送されないことを知りショックを受けてから数ヶ月

田舎の救世主、スカパー!でついに見ることができる!

この日を待っていました

とても楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GEAR戦士電童3,4話

○今回は電童の3,4話の感想を書きます

○3話にして早くもアルテア登場

早いですよね

北斗達が勝てるわけないし

で、やっぱりやられて螺旋城に連れてかれました

その時に電童の足にメジャーで巻き付いてついて行くベガ

たくましー、かっこいー

○敵のでかさにびっくりで、恐怖のの北斗達

みんなビル十何階ってでかさですからね

そりゃ怖いよ

○螺旋城でもベガ大活躍

マスクについてある蝶ネクタイ型変声機(違)でアルテアの声まねしたり、アルテアと壮絶な格闘戦をしたり

一番すごいのはやっぱり、ここまでついて来たこと

北斗達もびっくり

○素体に囲まれ、アルテアに襲われ絶体絶命のピンチも、北斗の中に生まれた「信頼」という力をユニコーンが感じ、ユニコーンは北斗のもとへ

そして必殺ファイナルアタック!

アルテア:「くっ!今日の所はここまでだ」

って、いやむしろチャンスでしょ

電童エネルギー切れだし

○こうして無事、地球に帰還できたのでした

あきらめない心とベガの活躍が生んだ脱出劇でしたね

これからはデータウェポンの取り合いです

アルテアもしょっちゅう出てきて、闘いが激しくなります

○次回はバイパー登場の5話と、レオ登場の6話です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GEAR戦士電童1,2話

○先月、舞-乙HiME Zweiと共に発売し、購入した、電童のDVD-BOXを見ての感想を書いていくシリーズの第1弾、今回は1話と2話の感想を書こうと思います

○見ていておもしろい以外にまず思ったのが、このころの久行さんはまだまだ未熟な感じがすることです

結構前ですから仕方がありませんけどね

まあ、今は上手くなったわけですから全然O.K.です

誰とは言いませんが、個人的には下手になったとまでは言いませんけど微妙になったと思う人もいますし・・・

○さて、本編です

相変わらず最初はつっこみ所満載ですね

初乗りの操縦技術はアムロやキラといい勝負ですし、初めてで、なりゆきで乗ったくせに、「疾風!三!連!撃!」とかノリノリで叫んじゃってるし

それに、2人乗りでしかもさっき会ったばかりの2人で、モビルトレースシステムのようなもので動く電童をここまで操るとは・・・

これが一番すごい(変)ですねw

○まあ、そういうことは置いといて、やっぱりベガさんはいいですね~

子供ベガはとてもかわいいです

アルテアがロリコンになったわけがよくわかりますw

たくましいお母さんベガは、かっこいいし、たまにくずれるのもいいですね

久行さんはびっくりした時などのくずれた顔を描くのが上手いと思います

それに、三石さんはくずれた演技が上手いから、相乗効果でとてもよくなってます

Zweiにベガ出てくれないかなぁ

○次回は、凰牙登場の3話と、螺旋城脱出の4話です

北斗の機転とベガのたくましいところが見所ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜の映画 ラストサムライ

○昨日やっていた映画、ラストサムライの感想を書きます

この映画は、以前DVDで見て、とてもおもしろかったので楽しみにしていました

最後の渡辺謙が切腹するところの、前線指揮官の人が打つのをやめさせて、泣きながら土下座をし、それがみんなに広がっていくところは、一回目同様、また泣いてしまいました

「生き様を教えましょう」ってところもいいですね

全部日本語なのには違和感を感じましたが

○刀や弓の時代から銃や大砲の時代へ

どの地域の歴史を見ても、新兵器を手にした人達が、旧兵器しか持たない人達倒していく様が見られます

それは火力の違いを考えると当然のことで、私も銃は銃で好きなんですが、銃と弓を比べると弓の方が好きです

上空に上がり、放物線を描いて雨のように落ちてくる様はたまりません

霹靂車などの攻城兵器も好きだから、ロードオブザリングの2話の攻城戦なんかサイコーです

萌え~ってやつですw

○銃を持った人達に次々にやられていく様はとても悲しかったです

火力の差は知略で補うしかないですね

火矢で敵を分断させたまではよかったんですが・・・

曹操や諸葛亮ならどう戦うか見てみたいと思いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダムのことを取り上げるテレビ

○昨日、ナンだの清原特集を見るために起きてて始まる前に別のチャンネルに入れたら、番組の名前はわからないけど、SMAPの稲垣が出てた番組でガンダムのことを取り上げていました

私が見たのは最後の名台詞クイズだけでした

それで自称マニアの3人が答えてたんですけど、稲垣ともう1人の女ははっきり言ってモグリでした

○稲垣は「軟弱者!」がわからなかったし、女にいたっては、「ジオン公国に、栄光あれー!」ぐらいしかわかってませんでした

話しのタイトルを聞くだけでだいたいわかるぐらい、簡単なのばかりだったのに

タイトルの鈴置さんやセイラさんの声を来た時ちょっと悲しくなりましたけど、それはひとまず置いといて、レベルの低い人達だなぁと思いながら見てたら、清原が選ぶベストホームランを見逃してしまいました

スポルトのベースボールルネッサンスも見逃してしまったし

○前には、宮迫とかが出てる番組で、土田とかが出演してやってました

これはよかったです

土田はガンダムエースでコラムを書いているほどのガンダム好きだし、普通におもしろいし、ほかの出演者も結構詳しい人ばかりでした

プラモで遊んだりララァに呼んでもらったり、アムロの物まねしている芸人さんが来たりとかなり楽しめました

あまりお笑いに興味がないから、あのアムロの物まねしている人のことは知らなくて、初めて見たんですけど、とてもおもしろかったです

弟と爆笑してました

もう一回とは言わず、何回も見たいです

○こうやって取り上げられるのはうれしいことです

芸能人にも好きな人が結構いるみたいだし、彼らを見て、一般人が興味を持ってガンダムを見る人が増えてくれるといいですね

| | コメント (0) | トラックバック (2)

PS3とWiiが発売

○今更言うのは遅いですねw

誰もが知っているとおり、次世代ゲーム機のPS3とWiiが発売されました

○私は2つとも買ってません

PS3は欲しいですけど、お金がないし、やりたいソフトもガンダムのターゲットインサイトとアーマード・コア4ぐらいしかないし

夏にみんゴル5がでるっぽいけど、やっぱスパロボが出てからかな

発売日未定でスーパーロボットシリーズってのがあるけど、これってバンプレだし、スパロボのことなのかな?

○TV等で、グランツーリスモやアーマード・コアなどの映像を見ましたけど、めっちゃきれいですね

恐るべし、ソニーの科学力

この科学力を使ったスパロボは、一体どんなのになるのでしょうかね

○戦闘シーンなどの画像は、OGSのPVを見る限り、十分満足なんですけど、あれ以上になるのかな?

私にはちょっと想像できません

ロード時間の短縮は、早ければ早いほどいいので、うれしい限りです

あと、声付きの会話で途切れたりするのは改善して欲しいです

○基本的に、スパロボで言うなら機体やパイロット、曲、声、ステージ数などをもっと増やせるようになるんでしょうけど、スタッフの負担がものすごく増えることになりますね

そうなれば、当然発売に時間がかかるだろうし、値段も上がるでしょう

今は8000円ぐらいで、ちょっとばかし高いぐらいだけど、今後どうなるか

まさに両刃の剣といったところでしょうか

○どれだけ高くなっても、本当に欲しいソフトはみんな買うと思います

私だって、スパロボと三國志とパワプロなどは買います(パワプロ13は微妙だったけど)

でも、本当に買いたいゲーム以外を買うかどうかはわかりません

乙女舞闘史だって、6,7000円ぐらいだから衝動買いできましたし

今後どうなるか、いろいろと楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多村と寺原が電撃トレード!

○昨日このニュースを見た時、目を疑ってしまいました

横浜の多村とソフトバンクの寺原が電撃交換トレードすることになりました

ズレータの残留交渉が難航していて、大砲が欲しいソフトバンクと、門倉の退団がほぼ決定的で今年三浦もそんなによくなかったから先発が欲しい横浜の両者の思惑が一致したかららしいです

まさに今オフ一番のトレード劇、谷や仁志の時よりも驚きました

○多村は今年、WBCで活躍したけど、シーズンではケガに泣かされ、39試合に出場、145打席、打率.275、20打点、8本塁打であまりパッとしなかったけど、04年も05年も打率3割を超え、04年には40本100打点を打った、実力は申し分ないいい選手です

だけど、今年はケガのせいで横浜は実質多村抜きで戦ってきて、なるほど確かにチーム打率などは悪いです

でもそれ以上に、チーム防御率などのチームの投手成績が悪い

これで今年10勝した門倉がいなくなるのでしたら、確かに先発の確保は最重要事項ですね

○一方寺原は、今シーズン16試合に出場、防御率4.22、3勝7敗であまりよくなく、今年の勝利も2年ぶりですけど、甲子園の時には154キロ出したので、潜在能力は高く、23歳でまだまだこれからの選手です

でも、ソフトバンクの先発陣は球界トップクラスで、これからまだしばらくは彼らの陰に隠れてプレーすることになりそうなので、活躍できる場に移籍した方がいいかもしれません

それに、ソフトバンクは、126試合に出場、打率.281、91打点、29本塁打の活躍をしたズレータの残留交渉が難航していて、優勝するために大砲の獲得が必要であるということでしょうか

○寺原が横浜に行くのはいいかもしれませんね

そっちの方が陽を見ることが出来るでしょう

ただ、出身地が宮崎のようなので、地元のソフトバンクの方にいたいかもしれませんが

○多村がソフトバンクにいったら、恐ろしいことになりますね

クリーンナップは多村、松中、小久保でしょうか

他チームからしたら、恐怖のクリーンナップですね

これは確かに、優勝へ大きく前進でしょうか

○それにしても、トレードの度に、戸惑っている選手の姿を見ます

球団は、トレード要員としている選手に前もってトレードするかもしれないということを伝えておくべきだと思います

選手の意向を無視して決めるなんて、選手にひどいです

前もって伝えた時に、思い通りにはならないかもしれないけどという前提で、どの球団がいいか聞いておくべきだと思います

そして球団は誠意を持ってできる限りその球団でできないかやってみて、それでムリだったら、他球団でと

もちろんトレードが成立したら、球団はちゃんと選手にトレードに至った経緯を説明する必要があります

○選手がいやな思いをすることがないよう、改革していって欲しいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寺田Pの危機!?

○最近、寺田Pがプロデューサー生命の危機だという話が出てます

ソースはサンラジらしいです

私の住んでいるところでは、毒電波でサンラジは聴けないので私は聴いていませんでした

ちなみに、大阪のラジオは何とか聴けるので昔、レディオSEEDは聴いていました

あれは本編よりおもしろかった

○寺田Pの危機ですが、今年の状況を見れば別におかしな状況じゃなかったりしますね

やっぱりソフト出してないんじゃねぇ

数少ないソフトもリメイクだし

田舎じゃ鋼のOG祭り行くの厳しいし、OGD見られないし

私の15周年は今のところ、情報聞いて盛り上がっているだけですw

これでは、なんか文句言われても仕方ないですね

○でも私は寺田Pについて行きます

なぜなら、第三次αに孫光龍が出てきたからです

あの時、ついて行こうと決めました

しかも飛田さん

なんかちょっと性格変わっているような気がしましたけど、サイコーにうれしかったです

欲を言えば、最終話の幽霊が出てくるところで、隆馬と文麗が出てきてくれれば言うことなしでしたけど

○ゲームのプロデューサーで、これだけ顔が知られている人も珍しいから貴重な存在だと思うので、OGSが無事に1月に発売されて、売り上げが順調なら問題ないと思います

無事に発売されれば・・・

これ以上の延期は勘弁してくださいね

いや、マジで

○OGDですが、AT-Xでの放送があと2週間をきりました

私のスパロボ15周年がやっと始まりそうですw

14日が待ち遠しいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

55年会が少年野球教室を開催

○松坂が会長を務める、55年会が少年野球教室を開催しました

いわゆる松坂世代と呼ばれる人達で、野球好きなら言われるまでもなく知っていることですが、すばらしい選手がたくさんいます

松坂を筆頭に、新垣、和田、藤川、赤田、小野寺、村田、古木、森本、久保、久保、木佐貫、東出などなどスタメンで活躍している選手達がたくさんです

まだ27歳ぐらいだし、まさに、野球界の次代を担っていく人達なのです

○そんな松坂世代ですが、野球界だけでなく、声優界でも活躍しています

高橋美佳子さん、杉田さん、下野さん、植田さん、斉藤千和さん、清水さん、新谷さん、中原さん、樋口さんなどなど

今まさに活躍している人ばかりですね

○もちろん他の業界にも活躍している人達がたくさんいます

すごい世代ですね

今後もこの人達から目が離せません

○私の世代の人もがんばって、有名な人が出てきて欲しいです

その前に、私もがんばらないといけませんねw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アニメの小説化

○先日、ナデシコのムックについていた小説を読みました

内容は、劇場版ナデシコと小説の「ルリ AからBの物語」の間の一部です

とても短くて、何より中途半端でしたけど、やっぱりおもしろかったです

マジでちゃんと小説化して欲しいです

○私はアニメが原作の作品はどんどん小説化して欲しいと思っています

その作品のことを完全に理解するには、映像媒体だけでは足りないと思うからです

○小説では、そのキャラクターの心情やおかれた状況、アニメの時は放送時間の都合や映像化のしにくさなどの理由で省かれた場面も描かれていて、作品を深く知るうえで欠かせないと思います

だから小説がアニメ化した作品は、アニメでは結構省かれていて不満に思ってたりしてます

アニメのその曖昧さは悪いわけではなく、むしろいいところでもあるのですが、私は好きな作品であればあるほどもっと深く知りたいのです

それに、小説ならいつでも読めるのがいいですよね

アニメを見た後なら声も想像できるしw

○そんなわけで、ナデシコは私の好きなアニメの中で5指に入る作品で、そのナデシコでも特に面白い劇場版を小説で読みたいわけです

続編の話も無くなったし・・・

佐藤監督、どうか願いします

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »